渡邉 紘    WATANABE  KOU 

 

1981年8⽉7日⽣まれ。
コントラバス奏者の⽗、ピアニストの⺟を持ち、
幼少期よりピアノ、ヴァイオリンに触れて育つ。


ベーシストとしてロックバンドを経由した後、再びクラシック音楽の世界へ。


19歳よりコントラバスを始め翌年、桐朋学園⼤学⾳楽学部⼊学。
在学中は⻄⽥直⽂⽒に師事。その後⽗、渡辺恭⼀⽒に師事する。 
同学ディプロマコースを経て都内プロオーケストラへのエキストラ出演を中⼼に、 
室内楽、劇伴レコーディング、後進の指導など多岐にわたるフィールドで活動する。


近年ではエレキベースとの持ち替えも得意とし、
オーケストラからロックバンドまで幅広くボトムとグルーヴを⽀える。
KokonQuartetコントラバス担当。
あめのしたウッドベース担当。


・久⽯譲  in 武道館  ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~ 
武道館公演に出演。


・川井憲次 KenjiKawai   Concert 2007   CinemaSymphonyに出演。


・ラフォル・ジュルネ・オ・ジャポン2008〜2013出演。


・CANTHANA   アルバム「セルメイト」にコントラバス&ベースにてレコーディング、ツアーに参加。


・ESCOLTA   Singing  Drama  2014にコントラバス&ベースで参加。


・オリンピックコンサート2015(主催:公益財団法⼈  ⽇本オリンピック委員会)に出演。


・takekingsアルバムCase  of  takekings(ユニバーサルミュージックジャパンより発売)に、サポートメンバーとしてレコーディング全曲と全てのライブ、ツアーに参加。


・映画『銀魂』劇伴レコーディングに室屋ストリングスメンバーとして参加。


・映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』劇伴レコーディングにコントラバストップで参加。


・TVアニメ『rivision』劇伴レコーディングにコントラバストップ&エレキベースにて参加。